カジノでの電子タバコ、どこまでOK?

電子タバコが普及するにつれ、偏見なく電子タバコに興味を持つ人たちが増えています。たばこよりも受け入れられやすいですが、それでも制限はあり、どこでも吸えるわけではありません。

では、カジノで電子タバコを吸うことはできるのでしょうか?ん~、難しい質問ですね。

なんといってもカジノが人気なのは、日常生活のありふれた規制から逃れることができるからです。ギャンブルをしたり、たくさんお酒を飲んだり、夜遅くまでパーティーをしたりできるからですよね!しかし、カジノならではの自由は、電子タバコにも当てはまるのでしょうか?今回はカジノの電子タバコに関するルールについてお話ししたいと思います。

喫煙エリアを探す

多くのカジノでは、敷地内での喫煙を許可しています。例えば、世界有数のギャンブルスポットであるラスベガスでもそうです。ラスベガスのカジノを禁煙にしようとする動きもありますが、そうすぐには変わりそうにありません。

なので、カジノ内の喫煙エリアであれば、どこでも電子タバコを吸うことができるということになります。ただし、すべてのカジノが電子タバコ(またはたばこ)を許可しているわけではありませんのでご注意ください。それぞれの店舗で独自のガイドラインを設けているのです。電子タバコを持って地元のカジノに行く前に、ルールを確認しておくことをオススメします。

マナーを守る

電子タバコが許可されているカジノだからといって、周りを気にせず吸っていいわけではありません。マナーを守るべきだというのは、言うまでもありません。そこで、以下のような点に気を付けましょう。

電子タバコの使用が許可されている場合でも、たいてい吸える場所は限られています。喫煙所の表示を探しましょう。

また、煙を出し過ぎないようにしましょう。電子タバコは、煙をまき散らすのを楽しむものではありません。他のお客さんの気分を害したり、顰蹙を買ったりする可能性があるので、煙は出し過ぎないのが賢明です。

さらに、最近では多くの人が電子タバコの害も意識するようになってきています。顔に煙を吹きかけられたくはないのです。他のプレイヤーやスタッフに煙がかからないよう、距離を保つようにしましょう。

面倒を避ける

訪れるカジノのルールをしっかりと確認し、常にルールに沿った行動を心がけましょう。もちろん身なりにも気をつける必要があります。一方で、こうしたルールが面倒なため、従来のカジノには行かなくなる人もいます。

しかし、悲観的になる必要はありません。オンラインカジノがあれば、いつでもポーカーやルーレットの興奮を味わうことができます。また、自宅等であれば、好きなだけ電子タバコを楽しむこともできるのです!

オンラインカジノのメリットは、何といっても自由度の高さです。バカラなどのテーブルゲームのルールを知りたいなら、Googleで検索して確認すれば、すぐにでもゲームを始めることができるのです。